教育ローンはどこがいいの

高校進学や大学進学、早い方なら幼稚園の進学まで子供の成長に合わせて必要となるのが教育ローンです。教育ローンは各金融機関や日本政策金融公庫で提供してるサービスですが、各ローンでいくつかの違いや金利面での優遇処置などが違っているので教育ローンを選ぶ際はポイントとふまえて検討することが大事です。

ローンを選ぶ際のポイントの1つ目は返済の開始時期です。ローンによっては契約した翌月から支払いが開始される場合が多いのですが、教育ローンという特殊な場合は数年間金利のみの支払いに支払いを制限できたり、支払い開始日をずらすなど返済方法が変わっているローンもあります。大学を卒業してから支払いを開始する、また、子ども自身が返すために支払開始日をずらすなど特殊なパターンも取れるのがこのローンの特徴です。どの支払い方法を選んでも金利面で他のローンよりも優遇されているのも好評です。

2つ目は金利が変動なのか固定なのかです。教育関連のローンの場合固定金利が一般的ですが、低い金利の中でもさらに変動金利で安く設定できるローンも登場しています。借りる際にはいくつかのシミュレーション計算も行っている金融機関もあるので1ヶ所の金融機関で決めずにいろいろと回ってみることをおすすめします。

また、金融機関での借り入れが難しいと言われた方には日本政策金融公庫の利用をおすすめします。日本政策金融公庫は国営の金融機関で国民の生活、事業などにお金の面で支援することが目的に設立されています。金融機関では借り入れが難しいと言われている個人事業主や起業を計画している方を中心に利用が進んでいますが、教育や住宅についても貸出を行っています。国営の場合、敷居が高いと感じる方も少なくありませんが、一般的な金融機関と何も変わりませんので気軽に電話で予約をとって審査を受けることをおすすめします。

金融機関でダメだと言われた方でも日本政策金融公庫でなら通る方も少なくないので諦めずに申請することをおすすめします。

お勧めサイト

教育にもお金がかかる時代